宮本伸男ってだれ?疑惑 – TRIGGER

宮本伸男ってだれ?疑惑

& 実際に取材されたらどういう流れになるの?疑惑
TRIGGERで取材を行っている「宮本伸男」という人物をご存知だろうか。
取材→撮影→記事起こしまで、パーソナルTRIGGERの一連の流れを担っているのがこの男だ。

image

TRIGGERの取材の流れは、まず依田恭平に会い、宮本伸男を紹介され、取材を受けるという流れになっている。

しかし、ほとんどの方は宮本伸男を知らない。

知らない人に取材されるというのは当たり前の話かもしれないが、私達TRIGGERはできるだけ包み隠さずに活動を行っていきたいと思っている。

そのため、今日は取材などのすべてを担う宮本伸男という男について、そして、どのような流れで取材を行ってくのか、話をしていこうと思う。

この男、宮本伸男

image

まずは宮本伸男という男の大枠部分について話していく。

埼玉県川越出身。神奈川県武蔵小杉在住の26歳。身長は183cm。
現在はIT系の営業を行っている。幼少期から小説を書くのが好きで、現在までに3作品を執筆。また、小説を書くだけでなくスポーツも得意で、部活はバドミントンやバスケをやっていた。自身でもパラレルキャリアという生き方を実践しており、仕事終わりに記事を執筆したり、休日の朝から取材やミーティングなどを行っている。
好きな音楽はMr.Children。また、人狼が大好きで、人狼をやり始めると止まらない。この男もまた、人狼というゲームに魅了される人間の一人だ。

ざっくりと宮本伸男は上記のような経歴を持っている。
小説志向だったことが影響し、現在のTRIGGERの独特な記事を創り出すことに成功している。

取材の日、待ち合わせ場所で一番大きくてかっこいい男が、きっと宮本伸男だ。
大きいけど温和な性格なので、安心して取材を受けてみてほしい。

image

取材の流れについて

image

取材の流れは今まで、宮本伸男がひとりひとり口頭で説明をしていた。この説明に20分ほど時間が必要になる。こんな説明なんかに20分も取られ、取材をする時間が短くなってしまうのは正直もったいない。

そのため、下記に取材の流れを記載したので、ぜひ一度目を通してから取材に望んでいただければと思う。

まずは、駅やわかりやすい場所で待ち合わせだ。
カフェまたはホテルのラウンジなどで取材を行う。名刺を渡して取材スタート。

宮本伸男は取材しながらパソコンに詳細を記入していくスタイルの人間だ。それと同時に録音も行う。ご了承いただければ幸いだ。

そして、少しだけTRIGGERを紹介してくれた共通の方のお話など談笑を行い、取材の時間はどのくらい取れるのかを確認。

本格的な取材がスタートする。

名前や仕事、経歴について話していただくが、ストーリー立ててちゃんと話したり、作りこんでくる必要は全く無い。等身大の自分を説明していただけるほうが、こちらとしてもありがたい。

一通り取材が終わったら、次は撮影を行う。
撮影なんて恥ずかしい、と思う方もいるかもしれないが、TRIGGERに掲載され、HPが消滅するまであなたの写真はここに残る。これまでにないくらい素敵な写真を撮ってもらおう。

撮る枚数は100~200枚ほど。HPのトップに掲載されているような”格言”を持って撮影を行う。

image

一例になるが、掲載される写真は大体このような雰囲気だ。もちろん例なので、このような写真を取らなければならないということはない。自由に、撮られたいように自分を表現してほしい。

そろそろ説明は最後になるが、取材といっても怖いものはなにもない、緊張することもない。もちろん最初は緊張するかもしれないが、それ以上に取材は楽しいものになる。

ちなみに今までの取材者は25人。そしてすべての方から満足の声やお褒めの言葉、これからも交流を続けていきたい、などの感想をいただいている。

私達が生きていく上で、誰かからピックアップされ取材を受け、撮影され、記事になるという瞬間があるだろうか。人生において、貴重な体験であることは間違いない。

ぜひ、あなたの伝えたいことを、宮本伸男にぶつけてみてほしい。

記事作成までの流れ

image

→HOME


この物語をシェアしよう