村田 源〜取材後記〜 – TRIGGER

村田 源〜取材後記〜

私は彼と少し違う考えを抱く部分があった。

私は人間がいなくなれば、地球は困るのではないかと思っている。
人間は地球が産み出した、地球の遺伝子だと考えるからだ。

まぁ、それは置いておいて、
今回はいつもと違う雰囲気の記事になったと思う。

いつもは誰かの一歩目に重きを置いているけども、
今回は自然環境が一つのテーマになっている。

村田さんからすれば、この記事の書き方は
本意ではないのかもしれない。

多分、彼はこの記事を通して、もっと自然に関する
現状を知ってもらいたかったはずだ。

でも、私はそうしなかった。

彼にはやりたいことがあって、みんなに知ってもらいたいことがあって。
だからこそ、伝えるべきは彼の気持ちであり、彼自身の変遷だと思った。

彼は、100年後の地球を考えているという。

100年後なんて私も彼も、これを読んでいるあなたも
おそらく死んでいるだろう。

そんな未来を憂うことができるのは、素直に素晴らしいと思った。
そこには、利己的な考えなど存在しない。

だから、私は彼のそんな想いに少しばかりの嫉妬と、
多大なる羨望を抱く。

彼のような志を私もいつか持ちたい。
そう思った。

HOME←→物語へ

この記事を書いた人

宮本 伸男
宮本 伸男ライターであり総監督でもある
人狼が大好きです。
ゲームマスターならお任せください。

この物語をシェアしよう