石井綾乃〜取材後記〜 – TRIGGER

石井綾乃〜取材後記〜

彼女は本業で海外営業の仕事をしている。

それは生半可な仕事ではない。
彼女から転職相談も受けたことがあるからわかる。

そして、彼女が目指している通訳案内士。
彼女の語学力と頭の良さならきっと、それだけで生きていくこともできるだろう。

でも、彼女は通訳案内士を、あくまでも”サブキャリア”として選択した。
その理由を、今回の彼女の記事では伝えたかった。

とにかく日本が好き。
日本の良さを伝えたい。

彼女の心にあるのはいつだってそんな想いだった。
新たな一歩目は理由なき感覚論から大体はスタートする。

もしも、あなたが何かやりたいことがあるのなら、やればいい。
そこには、0か100かで考える必要はない。

彼女のように、自分のやりたいことを自分のできるところから
始める道だってあるのだ。

失敗したり、向いていなかったら辞めればいいじゃないか。
始めたときの直感が正しくないとわかったらそれを成長と捉えればいいじゃないか。

一番私がオススメしないのは、0か100かで考えて、結局動かないことだ。

あなたの想いを叶える手段は、無限に存在する。
一歩踏み出したからこそわかることも、無限に存在する。

だから、一歩を踏み出そう。
そんなことを伝えていきたい。

HOME←→物語へ

この記事を書いた人

宮本 伸男
宮本 伸男ライターであり総監督でもある
人狼が大好きです。
ゲームマスターならお任せください。

この物語をシェアしよう