取材後記 – TRIGGER

取材後記

藤富大友さん、宮本伸男さん、ありがとうございました。

TRIGGERでは、取材を受けて覚悟が決まったり、もっと頑張らなきゃならないと思えたり、一歩を踏み出すきっかけになれているのかなあ、といつも不安に思っている。

でも、私たちはあくまで一歩目を創り出す”きっかけ”を作っているにすぎない。

一歩目を踏み出すのはあくまで自分自身。

藤富さんの言う通り、「人生は一歩を踏み出すこと」の繰り返し。
自分で感じて、考えて、行動する。そうしないと何も変わらない。
 

今あなたはどうやってそこに立っているのだろう。

勇気を出して、一歩踏み出したからじゃないだろうか。

学校に行くにも、仕事に行くにも、新しいことをはじめるにはまず一歩を踏み出さなければならない。

それを乗り越えたから、今があるのだろう。

一歩を踏み出すことで人生が変わるなんて、誰もが本当は理解していることなのかもしれない。

対談へ←→物語へ


この物語をシェアしよう